読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

外国人に出会った時に仲良くなるための,最低限の必須フレーズ集 (どの言語にも当てはまる,基本の初歩会話集のテンプレート)

言語 会話集 学び方 英語 外国語勉強法


どんな言語を学ぶ時にも,下記のリストにある言葉をまず覚えよう。

そうすれば,その言語を話す人に会った時に,すぐ友達になれる。

これは,「対人関係の構築の開始」に的を絞ったフレーズ集だ。


必要最小限の言い回しだけを厳選した。

サンプルとして,英会話の例文を掲載してある。


このリストは,どんな言語にも当てはまる「テンプレート」である。


何かの言語を学ぶ際の「最初の目標」として設定し,

これらの基本フレーズが口をついて出てくるように訓練しておくとよい。

覚える事の数が少ないので,一歩目のとっかかりとして設定しやすい。

最低限の必須フレーズ集

 日本語内容と必要性英語の場合

(典型的)
1こんにちは朝昼晩を問わず使える挨拶

時間帯に関わらず,相手に

話しかけている事が伝われば

ひとまずOK。まずは会話を

始めないと何も起きない。
Hello!
2ちょっと

すみません
質問したい場合や,

相手を呼びとめる場合に。

相手への呼びかけの言葉。

質問を丁寧に述べられる。
Excuse me.
3あなたは

〜語を

話しますか?
会話の開始のために必要。

この言語で話す土台となる。


当言語の話者でない場合もある。

動詞と疑問文の基礎。

「日本語を話しますか」も言えば

以降の会話で日本語を使える。

「あなた」という語は後々重宝。
Do you speak

English? /

Can you speak

Japanese?
4はい,いいえ自分の意思表示のために。

相手の事実確認のためにも。
Yes. No.
5お会いできて

嬉しいです

(初めまして)
初回の対面の決まり文句。

相手との関係が開始した事を

しるし付けるフレーズ。
I'm glad to

see you.
6私の名前は

〜です
自己紹介の第一歩。

相手との個人的な関係のために

最初に必要。
My name is 〜.
7私は〜語を

学んでいます
自分がなぜその言語で話して

いるのかを説明し,相手の

不審感や心配を取り除く。

学び中なのでペラペラではない

という意も同時に伝えられる。
I study

English.
8私は

日本人です
その言語のネイティブなのかと

誤解される場合があるため。

いざという時の護身にも。話が

わかりませんという意にもなる。

自分は外国人だとわかるため。


「わたし」という語は後々重宝。
I am

Japansese.
9あなたの

お名前は?
相手に関する情報をしゃべって

もらう第一歩。人間関係形成の

第一歩でもある。

丁寧な声のトーンで尋ねること。

「ちょっとすみません」の後で。
What is

your name?

※丁寧でない
10どうぞ書いて

下さい。
聞き取れない場合に。

記録を保管したい場合にも。

動詞の命令形の初歩でもある。

命令形は丁寧な言い方を。
Please write.
11〜さん男性や女性によって,たいてい

敬称の付け方が異なる。

名前を聞いたら,さん付けで

呼び直して,敬意を示す。

言わないと警察の尋問みたい。
Mr, Ms
12ありがとう感謝を伝える言葉。

相手との友好的な関係を

築くために必須で,多用する。

別れの挨拶の代用にも。
Thank you!
13私は〜に

住んでます
相手の心配を除去するために。

ここまで来れば十分会話成立。

近所と分かれば友になれる。

近所の地図などをメモで書く。
I live in 〜.
14あなたは

どちらの

出身ですか
相手に関心を持っている事を

表明できる。地図を持参して

指さしてもらう
となおよい。

その地名について会話も弾む。

次回の会話のネタにもなる。

「どこ」という疑問詞の文。
Where are

you from?
16ようこそ
日本へ。
相手の存在を

受け入れているのだと伝達。

家や外出先や食事で会った時も

ようこそという歓迎は必須。
Welcome to Japan.
16どうぞ何かを渡して読んでもらう場合など。

表現不能時に紙を見てもらう等。

連絡先を書いた名刺とか。

これで関係が持続する。

何かプレゼントをあげてもよい。

「どうぞ」の意さえ伝われば,

後に続く「読め・受け取れ」

等の単語は自動補完
される。
Please.

(Please read.)
17ごめんなさい言語が不慣れだと,思わぬ

言動で迷惑をかける場合も。

トラブルを回避するために。

ジェスチャーを付随すれば

わかりませんの意にもなる。

要りません・結構の意にも。
Sorry.
18さようなら会話を終わらせるために必要。

次回平和裏に再会できるように。

不必要に会話が長引かぬよう。

別れ際には,自分が勉強中な

ことや,近くに住んでいること

等を再度言えば再会しやすい。
See you!


なお本当に時間がなくて緊急の場合は,下記の2つ(3つ)だけでもよい。

  • こんにちは。
  • ありがとう。
  • (さようなら。)

このリストは,外国語を習得する上で,どう役立つのか?


これは,「対人関係の構築」のための,最初歩のテンプレートだ。


この段階では,まだ文字の読み書きができなくてもよい。

上手に発音できたらかっこいいけども,それよりも先に,

カタカナでメモしたのを,たどたどしく読み上げるだけでもよい。


本当は,言語の学習ではカタカナは最大の禁じ手であり,発音習得は非常に大事。

でも発音は,「これらの最初歩フレーズをうまくしゃべるため」

という目的で,この直後の段階に,後付けで学習してゆけば良い。

そうすれば,発音の勉強期間中にも,明確で具体的な目標が設定できる。


そんな初歩的なカタカナ言葉の状態でも,

言うべき事を厳選して,よくおさえておき,心をこめて話せば,

相手との十分な関係構築の助けになる。



英会話の場合は,世間の状況からして,

ここに挙げた以上のレベルを要求される場合が多いだろう。

しかし

  • 英語以外の言語を,少しかじってみよう」という場合や,
  • 少数派のマイナーな言語を話す場合

であれば,ここに挙げたリストを使えるだけでも既に,

「会話ができる」状態である,とみなせる。


特に少数派の,マイノリティに属する言語の場合は,

相手は,自分の母語を使ってくれる人が周りにいる,などと

夢にも思わない。

たとえ一言でも,自分の母語で聞いたり話したりできるなどとは

期待しておらず,不安感を感じていたりする。


だから,その人の母語での初歩の会話に,

カタカナでトライするだけでも,その努力は非常に喜ばれる。

友人にもなりやすいし,その後の関係が持続する。


なので,

とくに「対人関係の構築の開始」に焦点を当てた冒頭のリスト

まず手を付けてみるのは,試す価値のある事と言えるのだ。

このリストの次に,何に手をつけたらよい?

さて,その後はどうやって学習を進めていったらよいか?

下記の表のような手順で,レベルアップして進捗を進めてゆくとよい。

一番最初の入門段階:

  • 「対人関係の構築の開始」に役立つ,最初歩の挨拶と自己紹介のための,ごく限られたフレーズ。(=本稿)
  • ブロークンでサバイバルな会話の成立。


初級者に到達するための学習:

  • 文字の読み書きと正確な発音。(これをおろそかにすると,後で成長できなくなって,痛い目を見る。)
  • ものごとの論理的な説明の仕方(の基礎)。
  • 身近な話題で会話するための,単語・文法・会話力。
  • その国に旅行して,買い物とか滞在をこなす力。該当する国の文化を知る事も含む。
  • ここまでで,予期可能なシチュエーションに対して,パターン的にそつなく対応する力の育成。


中級者に到達するための学習:

  • 各種の幅広い話題を扱うための,トピック別の具体的なボキャブラリー。
  • 正確かつ円滑に意思伝達するための文法をじゅうぶん固めること。
  • ノーマルなスピードで会話をやりとりする力。
  • 書かれたものを流暢に朗読するための,発音・語彙・文章把握力。
  • ここまでで,予期できないシチュエーションにも柔軟に対応できる力の育成。簡単な通訳としても機能できる。


上級者に到達するための学習:

  • 新聞やメールなど,まとまった文章を読み・書きする訓練。
  • ニュースや会議や討論など,まとまった量を聞き・話す訓練。
  • 慣用句や成熟語・専門語などを駆使する,ネイティブに近づいてゆくための訓練。(現地人に特有の,微妙なニュアンスもくみ取れるとよい。)
  • ここまでで,ビジネスでの責任を果たすための公式な利用や,熟練した通訳のために機能できる。


こんな感じの勉強法で,外国語の学習は進んでゆく。

語学を楽しんで継続してゆく上での定石,ルーチンと考えてもよい。

そして,その第一歩を成し遂げるための門が,冒頭のフレーズ集というわけだ。

結論

そういうわけで,結論として

  • 言語の学習を開始する際には,まず「対人関係の構築の開始」から手を付けてみよう。
  • そのためには,冒頭のフレーズ集をテンプレートとして活用してみよう。

ということになる。

論外だが,「This is a pen.」から手を付けるなど,もってのほかだ。



関連する記事:

「中国語検定」と「英検」のレベルを,級別に比較した一覧表 (学習時間や単語数で,難易度を級ごとに概観)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130328/ChineseAndEnglis...


広東語の学習の最初歩,あいさつフレーズ集 (発音とピンイン付き)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130415/CantoneseChinese...


台湾語のあいさつなど日常会話フレーズ集 (ピンインと声調,カタカナ付き)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130308/BasicGreetingsIn...


付録

冒頭の表を,手軽に作成するための雛型を記載しておく。

コピペ用である。

この空欄に,さまざまな言語での用例を当てはめてゆけばよい。



〜語の最初歩のフレーズ集 (対人関係の構築のために)

<table border="1"><tbody>
<tr><th>日本語</th><th>〜語</th></tr>
<tr><td>こんにちは</td><td> </td></tr>
<tr><td>ちょっと<br>
すみません</td><td> </td></tr>
<tr><td>あなたは<br>
〜語を<br>
話しますか?</td><td> </td></tr>
<tr><td>はい,いいえ</td><td> </td></tr>
<tr><td>お会いできて<br>
嬉しいです<br>
(初めまして)</td><td> </td></tr>
<tr><td>私の名前は<br>
〜です</td><td> </td></tr>
<tr><td>私は〜語を<br>
学んでいます</td><td> </td></tr>
<tr><td>私は<br>
日本人です</td><td> </td></tr>
<tr><td>あなたの<br>
お名前は?</td><td> </td></tr>
<tr><td>どうぞ書いて<br>
下さい。</td><td> </td></tr>
<tr><td>〜さん</td><td> </td></tr>
<tr><td>ありがとう</td><td> </td></tr>
<tr><td>私は〜に<br>
住んでます</td><td> </td></tr>
<tr><td>あなたは<br>
どちらの<br>
出身ですか</td><td> </td></tr>
<tr><td>どうぞ</td><td> </td></tr>
<tr><td>ごめんなさい</td><td> </td></tr>
<tr><td>さようなら</td><td> </td></tr>
</tbody></table>