読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

アフリカ大陸の言語分布を,国名付きの地図で把握する

言語 アフリカ諸語 地理


アフリカの言語事情は,とても複雑で,とても興味深い。

アフリカ大陸の公用語の分布を,自作の図で示す。


この図に基づき,下記の3グループの言語について論じる。

(1)アフリカ大陸におけるヨーロッパの言語の勢力

もと植民地であったという性質上,公用語として話されている(事になっている)言語は,欧米の言語が主流であるかのように見える。

見える,と言ったのは,実際には単に国が決めた第一言語であって,人々の日常生活の土着言語とは異なるからだ。

だから,実態とは少しずれる。でも,ここでは「見かけ上の公用語」について語る。


特に勢力として大きいのは,

  • 英語
    • メイン:シエラレオネ,リベリア,ガーナ,ザンビア,ジンバブエ,ナミビア,マラウイ,レソト,ガンビア
    • サブ:スーダン,ナイジェリア,カメルーン,ウガンダ,ケニア,ボツワナ共和国,スワジランド王国,南アフリカ共和国
  • フランス語
    • メイン:セネガル,ギニア,コートジボワール,マリ,ブルキナファソ,ニジェール,ガボン,コンゴ,コンゴ民主共和国,
    • サブ:チャド,中央アフリカ共和国,カメルーン,マダガスカル,チュニジア,モーリタニア

である。


この他にも,欧米の言語として

  • スペイン語
    • 赤道ギニア
  • ポルトガル語
    • アンゴラ,モザンビーク

が分布に含まれるのは確かなのだが,シェアが少ない。

これら2つのラテン系言語のシェアは,基本的には南アメリカ大陸にゆだねられているとみなそう。


そういうわけで,英語の話者がアフリカで何か新しい事に取り組みたい場合,

  • フランス語

という入門的な選択肢が存在する。という事になる。



では,ヨーロッパとか植民地とか外からの影響を抜きにして,

アフリカ自体がもとから持つ言語を考えるとどうなるか。

(2)アフリカの固有言語のうち,ランクインするような主なもの

上述の欧米の言語を除外すると,リストとしては下記のようになる。

  • アフリカーンス語
    • 南アフリカ共和国
  • アラビア語
    • メイン:エジプト(方言),リビア,モロッコ
    • サブ:アルジェリア,チュニジア,モーリタニア,チャド,スーダン,ソマリア
  • スワヒリ語
    • メイン:タンザニア
    • サブ:ケニア,ウガンダ,コンゴ民主共和国
  • その他
    • 過多!

アフリカ大陸の最南端,南アフリカ共和国では,アフリカーンス語が話されている。

(これは英語とオランダ語のブレンドのような,母音の連続の多い言語である。)


反対に,南端から北端にフォーカスを移すと,

北アフリカでは圧倒的にアラビア語が行われている。サハラ以北はアラブ圏なのである。

この辺の事情については,下記のエントリを参照。

ガーナの言語「ガー語」を学ぶためのリンク集と,アフリカ諸言語の分布の概観 (ニジェール・コンゴ語族とGa Language)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20120102/p1

なお,「アラビア語がアフリカの土着の言語なのか?」という疑問点については,ここでは論じない。

セム語の流布についてはいろいろあるが,現代史的な観点で見れば,とりあえずアフリカにもともとあった言語として括る事はできる。

※とはいえ,アラビア語について語る際「アフリカ諸語」というカテゴリに含めることはできない。西アジアで話者がきわめて多いためである。アラビア語は国際語のひとつ。



スワヒリ語の存在感も大きい。

もし北アフリカにアラビア語あり,と言わば,東アフリカにスワヒリ語あり。といった感じか。

スワヒリ語
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B...

  • スワヒリ語(Kiswahili)は、アフリカ東岸部で国を越えて広く使われている言語。ケニア、タンザニア、ウガンダでは公用語

日本人がアフリカに観光で行く事を望む場合,

エジプトのピラミッドを連想する方も多いが,

ケニアとかタンザニアの「動物王国」をイメージする人も多い(特に恐らく小さい子とかは…。)

なので,スワヒリ語も無視できない。


ここまでに考慮した言語における簡単なあいさつを,会話の例文集として以下に掲載する。

「こんにちは」「ありがとう」を掲載。

英語

  • Hello.
  • Thank you.

フランス語

  • Bonjour. ボンジュール
  • Merci. メルスィ

スペイン語

  • Buenas tardes. ブエナスタルデス
  • Gracias. グラシアス

ポルトガル語

  • Boa tarde. ボーアタールジ
  • Obrigado(/a). オブリガード

アフリカーンス語

  • Goeiemiddag. フーイエミダッハ
  • Dankie. ダンキー

アラビア語

  • assala-m alaykum. アッサラームアライクム
  • shukran. シュクラン

スワヒリ語

  • Jambo. ジャンボ
  • Asante. アサンテ

さて,問題は「その他」である。


アフリカの言語の「その他」は,滅茶苦茶多い。

学びたいと思っても,学習するためのリソースが入手できないほどのマイナーな言語がごまんとある。


そして,この「その他」こそ,アフリカの言語事情を考慮する上での「醍醐味」,楽しさなのである。


(3)アフリカの固有言語のうち,数の面でマイナーなもの

ネイティブ・スピーカーの多い順に,ランキングの一覧形式で列挙する。


言語名と
対象地域
言語名(和訳)母語

話者数

(100万)
第二言語

使用者数

(100万)
Arabic dialects (North Africa and other parts of Africa)アラビア語の諸方言11630
Swahili (East Africa)スワヒリ語1080
Berber (North Africa and West Africa)ベルベル語35〜5515
Hausa (West Africa)ハウサ語2415
Yoruba (West Africa)ヨルバ語215
Oromo (Horn of Africa)オロモ語25
Zulu (South Africa)ズールー語916
Igbo (West Africa)イボ語205
Afrikaans (South Africa and Namibia)アフリカーンス語6〜716
Amharic (Horn of Africa)アムハラ語2570
Malagasy (Madagascar)マダガスカル語21
Somali (Horn of Africa)ソマリ語143〜4.5
Fula (West Africa)フラニ語16〜20
Rwanda-Rundi (Rwanda, Burundi)ルワンダ語,ルンディ語18
Shona (Zimbabwe, Zambia and Mozambique)ショナ語152
Luo (Sudan, Ethiopia, Chad, Democratic Republic of Congo, Kenya, Uganda, Tanzania)ルオ語12〜16
Malinke (West Africa)マリンケ語59
Bambara (West Africa)バンバラ語310
Ibibio-Efik (Nigeria)イビビオ語8〜12
Lingala (Democratic Republic of the Congo)リンガラ語210
Twi (Ghana)トウィ語82
Chichewa (Zambia, Malawi, Mozambique, Zimbabwe)チェチェワ語10
Xhosa (South Africa)コーサ語7
Kongo (Democratic Republic of Congo, Republic of Congo, Angola)コンゴ語7
Tigrinya (Eritrea and Tigray Region of Ethiopia)ティグリニャ語72
Gbe (West Africa)グベ語群8
Tshiluba (Democratic Republic of the Congo)チルバ語6
Wolof (Senegal)ウォロフ語33
Gikuyu (Kenya)キクユ語5
Moore (West Africa)モレ語5
Sotho (South Africa)ソト語5
Luhya (Kenya)ルヒヤ語4
Tswana (Botswana, South Africa, Zimbabwe, Namibia)ツワナ語4
Kanuri (West Africa)カヌリ語4
Umbundu (Angola)ウンブンドゥ語4
Northern Sotho (South Africa)北ソト語4


出典:

Languages_of_Africa#Demographics
http://en.wikipedia.org/wiki/Language...

  • 2005年の情報。アフリカ全体で8億9千万人
  • アフリカ各国は,独立時に植民地の言語を公用語としてひとつ選んで,公式の教育などに利用し始めた
  • しかし近年になって,各国ともに自国のオリジナルの言語の保存を努力している


これらの言語の個別の扱いについては,またいつか別の機会に掲載したい。

ていうか,語り尽くすのは無理なので…。


補足

冒頭のアフリカ大陸の地図画像の作成のために,下記のリソースを利用させて頂いた。

ご提供下さったご厚意に,ここで謝意を表したい。

File:Official languages in Africa.svg
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Off...


アフリカ大陸のダウンロード【白地図専門店】
http://www.freemap.jp/download.php?a=...



関連する記事:

アラビア文字の覚え方 (一覧表PDFと解説)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20090607/p1


ガーナの言語「ガー語」を学ぶためのリンク集と,アフリカ諸言語の分布の概観 (ニジェール・コンゴ語族とGa Language)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20120102/p1


マダガスカル語の入門用リンク集 (辞書や挨拶,基本文法など)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110521/p1