読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

Ruby on Railsのバージョン間での違いのまとめ 一覧表(1系・2系・3系の差異と歴史)

Ruby on Railsの,バージョン間での違いのまとめ。

一覧表を見て,Ruby on Railsの発展・遷移の歴史をたどる事ができる。

また,各バージョンの仕様の変化(リリースノート)についてのリンク集も掲載。


一覧表(簡易年表)

現時点での最新版と,次期バージョンの計画まで。


バージョン リリース日 特徴
初代 2004年7月 DHHが一般公開
・15分でブログ作成のデモが話題に
1.x系
1.0 2005/12/14 ・初の正式リリース
・既に高い知名度だった
・機能面では0.14と差異なし
・パラダイムはDRY+CoC
1.1 2006/03/26 ・Ruby 1.8.4推奨
・各種ライブラリ改良
1.2 2007/11/24 ・1系の安定版(1.2.6)
・Ruby 1.8.6推奨。1.8.7では動かず
2.x系
2.0 2007/12/07 ・デフォルトDBがSQLite3に
・1.2との機能差は微小
・rhtmlは .erb に名称変更
セキュリティホール存在
・パラダイムはRESTful
2.1 2008/06/01 ・ARにnamed_scope導入
・migrationの採番方法変更
・gemの管理方法改善
・セキュリティホール存在
2.2 2008/11/21 ・国際化が標準に
スレッドセーフ
・Ruby 1.9とJRuby対応
・セキュリティホール修正済み
2.3 2009/03/16 ・2系の安定版。リリース継続中
・CGI捨てRack採用
・Ruby 1.9.1サポート
・セキュリティホール修正済み
3.x系
3.0 2010/08/29 ・2.x系との互換性あり
・新機能はあまり入ってない
・パラダイムはモジュラリティ
 (Merbから導入)
・デフォルトでエスケープ
・ActiveRecordにクエリエンジンArel導入
・3.1への準備ステップ
3.1 2011/08/31 ・2.x系との互換性が消失(modelのfind等)
・jQuery+SCSSCoffeeScriptが標準に
・「粗削りだが面白い」
・短命の予定
3.2 2012/01/20 ・3.1の安定版
・「高速開発モード」を導入
4.x系
4.0 2012-2013 ・Ruby2.0等,他ツールも更改
・4.0から安定版,3.2から移行容易
・要Ruby 1.9
※最終更新日:2012年11月 各バージョンでの具体的なAPI・関数の変化については, リファレンスマニュアルを参照。

RailsBrain.com
http://www.railsbrain.com/

  • 古いバージョンの1.1.6から,新しいバージョンの2.3.2まで,過去のバージョンのRailsのドキュメントがオンラインで閲覧可能


公式API集
http://api.rubyonrails.org/

  • 現時点での最新版のみ


Githubの本家ソースコード
https://github.com/rails/rails

バージョン間の差異の詳しい説明


特定のバージョンがリリースされた時のニュース記事を収集すれば,

バージョンアップ時に発生した仕様変更の様子がだいたいつかめる。


1系・2系の差分リリースの非常に詳しいまとめ

Rails 1.2.3 〜 2.2.2 までの主な変更点のまとめ
http://d.hatena.ne.jp/LukeSilvia/2009...


Ruby/Ruby on Rails/リリース差分情報 (主に2系)
http://tobysoft.net/wiki/index.php?Ru...


1系

「Ruby on Rails 1.0」が正式リリース
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/a...

  • 1.0リリースに至るまでに、何百人ものコントリビューターから寄せられた数千ものパッチやリクエスト、修正を加える必要があった


Ruby on Railsまたも進化、1.1 公開
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/...


Session Fixationの脆弱性を修正した「Ruby on Rails 1.2.6」リリース
http://japan.zdnet.com/security/analy...


2.0

Rails 2.0 - 初心者がすべきことは?
http://www.infoq.com/jp/news/2008/01/...

  • Rails 2.0 と前バージョンである Rails 1.2 との違いは、Rails 1.2 と Rails 1.1 との間の違いに比べれば微々たるもの
  • Rails 2.0 のテーマのひとつはフレームワークのスリム化


Ruby on Railsを使うならバージョン2.2以上を使おう
http://www.gesource.jp/weblog/?p=733

  • バージョン2.1以下は、セキュリティホールが放置


[Rails] Rails2.0 の1.x系のバージョンとの違いのまとめ
http://www.nwlab.com/?p=177


2.1

[RailsConf2008] Rails 2.1が本日リリース (詳細)
http://mtl.recruit.co.jp/blog/2008/06...


Ruby on Rails 入門 ⇒ Rails2.0,2.1→2.2へ移行時の注意
http://maskana-soft.com/rails/pro/det...


2.2

Ruby on Rails 2.2リリース
http://gihyo.jp/dev/clip/01/orangenew...

  • 日本の開発者にとって最も大きなアップデートは1番目の国際化対応でしょう。今まで日本語化にはGetTextを用いる方法がありましたが,2.2以降では標準のi18n機能を使うことになる


スレッドセーフRuby on Railsが意味することは、Rails 2.2でスレッドセーフ
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/...

  • Rails実装がスレッドセーフになることで、並列処理が高速になるほか要求するリソースが少なくてすむようになる。Railsをアクセスが多いサイトで使っている場合には朗報
  • グリーンスレッドの性能が向上しているため、最大でマルチコア/プロセッサ数だけインスタンスを生成して処理すればいい


2.3

Ruby on Rails 2.3リリース CGIに代えてRackを採用
http://codezine.jp/article/detail/3753


[ruby][rails]Ruby on Rails 2.3 リリースノート
http://d.hatena.ne.jp/conceal-rs/2009...

  • ActiveRecordで条件指定時にhavingを指定可能に
  • pplication.rb だけ特別なネーミングだったのが,Rails 2.3 では application_controller.rb に変更
  • render :partialがスマートに。その他たくさん


3.x系

Rails2 と Rails3 の違いを、ざっくりっと学ぶ
http://armaniacs.tumblr.com/post/1051...

  • PDFへのリンク有


RailsとMerbの合流についてあれこれ
http://d.hatena.ne.jp/essa/20081225/p1

  • Railsプロジェクトが、次期バージョンのコアとしてMerbを採用し、Merbの開発メンバーをRailsプロジェクトに迎え、共同で次期バージョンを開発すると発表
  • ゲイツが「Windowsの次期バージョンはMac OSXをベースに開発する。その為に、Appleの技術者をマイクロソフトの幹部として迎え入れることになった」と言うくらいの衝撃


AjaxからPjaxへ、Ruby on Rails 3.2はどうなる!?
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/rails/...
2011年7月の情報:

  • Rails3.0
    • 本当のRails3とも言うべき3.1への準備ステップ
  • Rails3.1
    • 新機能は極めて荒削り
    • 「短命になる予定だが,3.1はとにかく面白いのでどんどん使うべき」
  • Rails3.2
    • Rails2.1、2.2が短命で、2.3系が長く使われたのと同じで、Rails 3.2が長く使われるバージョンとなりそう
  • Rails3.3
    • 出るかどうか分からない。たとえ出るとしても大きな機能は入らない
  • Rails4
    • これから出るパッチは、Rails 4に入る


秒読み段階の「Ruby on Rails 3」登場の意味
http://www.atmarkit.co.jp/news/201008...

  • Ruby 1.9は、実際には2.0と名付けるべきだったとの声もあるほど、1.8系と比較して高速化や機能強化
  • Rails的なフレームワークがどんな言語でも一般化してしまっている今、「それでもRails3は数多くあるWeb開発フレームワークの中で再び頭ひとつ飛び出た存在になる」
  • コアを中心に多くのライブラリがつながる構造
  • Rails3というのは、いったんMerbやSinatraに拡散したRubyフレームワークの世界が、再び“Railsの旗のもとに集結”しつつある姿


そろそろpjaxについて書いておく
http://a-newcomer.com/28

  • Rails3.2から導入されるであろうpjax(pushState + ajax)


2.x系ユーザに対する,3系への移行方法と開発方法の手引き

Rails3系の概要、コードの書き方、Rails2系からの移行に関して参考になる記事まとめ
http://matome.naver.jp/odai/213160759...

  • Rails3の概要, 開発時に参考になる記事
  • Rails2からRails3への移行


Rails3を使おう〜Railsの設計思想の変化とRails2からの移行〜
http://public.iwork.com/document/ja/?...

  • バージョン1,2,3それぞれのメリットとデメリットを解説するスライド


3.1〜のCoffeeScriptについて

ベターJavaScript!? CoffeeScriptが注目されるワケ(※欧米風のマンガ付き)
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/rails/...

  • 2011年4月の情報
  • Rails3.1でjQueryやSCSSと合わせて、CoffeeScriptをデフォルトとして採用する


Rails 3.1 と JQuery Mobile でスマートフォン用 Web サイトを作った
http://mitukiii.jp/2011/08/17/rails-3...

  • CoffeeScript によって JavaScript の記述量が減り、また俯瞰しやすくなったことでメンテナンス性が上がりました
  • CoffeeScript のコンパイルのため JavaScript 実行環境が必要になり、開発環境を整えるのが少し面倒になりました

SCSSについて

Sass、そしてSassy CSS (SCSS)
http://hail2u.net/documents/sass-and-...


3.2

「高速開発モード」で開発者を支援するRuby on Rails 3.2リリース
http://sourceforge.jp/magazine/12/01/...


Rails3.2ってどう変わるの?(スライド。ドリコムが提供)
http://www.slideshare.net/takafumiona...

  • 開発環境モードが高速化
  • SQLの重いクエリに対して自動でEXPLAIN文が付与される
  • ログにタグ付与,formに名前空間付与
  • その他,細かい変更点をモジュールごとに解説。3.1から大きくは変わってないが,開発がはかどるように。


4.0

Ruby 2 and Rails 4(スライド)
http://sssslide.com/speakerdeck.com/a...

  • 4系では,新規パラダイムがない。リリース時期はRuby2.0のリリースにあわせる。
  • 4.0.0で最初から安定版。3.2.x系からスムーズに移行可能
  • バージョン番号なんて飾り。Rails自体が絶えず変化してゆく一本の線路のようなもので,バージョンは途中駅のようなもの

インストール手順

1.2

CentOS 5.6上で Apache+Passenger+Ruby on Rails 1.2 を動作させる手順 (仮想マシン上に,レガシーRailsの実運用環境を構築)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110814/p1


2.x系のインストール手順

Ruby on Rails2.2/インストール(Windows編)
http://yakinikunotare.boo.jp/orebase/...


Rails2.3/インストール
http://www.srcw.net/wiki/index.php?Ra...


3.x系のインストール手順

Ruby on Rails バージョン 3 を使ってみる (Windows上で3.0)
http://kkaneko.com/rinkou/rubydb/rail...

さらに最新の情報を追いたい場合

下記のサイトを定期購読する。

Rails Hub情報局
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/rails/


Ruby on Rails 公式ブログ(英語)
http://weblog.rubyonrails.org/

また,Googleアラートで「Ruby on Rails」のキーワードをウォッチするのもよし。



さらに最先端を追いかけたい場合は,

Github上の公開リポジトリをウォッチすることになる。

rails / rails
https://github.com/rails/rails

そこまで来たらいわばマニアの領域となるが,

しかし,もし真剣にWebの未来像を模索している究極のRubyistであれば

そういう日課を持つ価値もあるだろう*1



関連する記事:

Ruby on Railsのテストの書き方 (モデルの単体テストと,コントローラの機能テスト)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20091023/p1


Ruby on RailsのModel内に記述するメソッドの分類表
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20100901/p1


Ruby on Rails 1.2 での開発のはまり所
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110309/p1


Heroku(ヘロク)で,Ruby on Railsアプリを簡単に公開する方法の入門 (無料のRuby向けPaaS環境の使い方)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110914/p1

 

*1:日本有数のRailsハッカー,松田明氏のように・・・。