読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

今から1分で,viコマンドの使い方を覚えてもらうためのページ

Linux n分 bash

Linux上で作業しているのに,vi の使い方を知らないままの人がいる。


Linux上で設定ファイルを編集すべき時でも,

編集したいファイルをFTPでWindowsに転送して,

Windowsのエディタで編集し,FTPで再度Linuxに転送。…


…なんてことを常習的に繰り返している人は,

「Linux上でのテキスト編集の方法」を知らないまま,

密かに逃げ切っていたりする。



明らかに生産性が悪い。

時間と手間が余分にかかり,オペミスの元にもなる。

Linux上のファイルは,Linux上でサッと編集しよう。


覚えるべき事は,下記の7つだけ。 今から1分で身につく。

  • (1)vi ファイル名 で開始。(権限が必要なファイルはsudo viで開く)
  • (2)コマンドモードと,編集モードがある。
  • (3)iとかaで編集モードに移れる。
  • (4)ESCキーでコマンドモードに移れる。
  • (5)編集モードでは,普通に内容を編集できる。
  • (6)コマンド :w で保存。
  • (7)コマンド :q で終了。

これで,vi(Vim)は,最低限のエディタとしての機能を果たせる。

細かいコマンドの一覧表は,この7つを覚えた後でゆっくり見ればいい。

今から1分で,実際に使い方を覚えてください。


Linux環境は準備済みとし,ログインしておく。

下記の手順を実行する。


cd /tmp で移動。

vi hoge.txt で新規ファイルを作成してviで開く。



今見えているのは,コマンドモード。

iキーを押下すると,編集モードになる。


普通のエディタのように,自由に内容を入力する。

ここでは

「吾輩は猫である。(改行)名前はまだない。」

と入力。(全角と半角の切り替えに注意。)


セーブしよう。

ESCキーを押して,コマンドモードに移動。

「:w」でEnterして,保存。(全角と半角の切り替えに注意。)

「:q」でEnterして,ファイルを閉じる。


ls -l して,hoge.txtが存在することを確認。

vi hoge.txt で,また開いてみる。

先ほど入力した内容が表示される。


iキーを押して,編集モードへ。

「猫」という文字を削除して,「犬」に書き換える。

また保存して,また閉じる。



終わり。



これだけでいい。


これで,ネットワークの設定ファイルとか,各種confファイルとかを

Linux上で直接書き換えられるようになった。


また,HTMLとかshとかスクリプトを直接,Linux上で,

CUIだけで開発できるようにもなった。


もう今後は,単純なテキスト編集だけのためにWindowsにファイル転送してはならない。


その後

エディタとして生産性を上げるために,少し進んだ使い方も覚える。

下記の5つだけでOK。

  • (A)行番号を表示
    • コマンドモードで 「:set number」でEnter
  • (B)コピペ
  • (C)カッペ(カット&ペースト)
    • コピペのyのかわりにdでカット(削除)するだけ。
    • まとめ:v, d, p
  • (D)検索
    • コマンドモードで,スラッシュ・文言でEnter


そのあとは,チートシートやコマンド一覧表を片手に,

ひとつずつ日常作業を簡易化してゆくだけ。

僕がサクラエディタからVimに乗り換えるまで
http://junichiito.hateblo.jp/entry/20...


サーバ管理のお手元に〜VIエディタのチートシート
http://blog.mach3.jp/2010/05/vi-cheet...


vi コマンドリファレンス
http://hp.vector.co.jp/authors/VA0166...

補足

上記は,キーボードの矢印キー(十字キー)でカーソル移動できることを前提に書かれた。

なので,カーソルを移動するためのコマンドは含めていない。