読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

Excelシートを読み取って,INSERT文SQLを生成するバッチ (Kingsoft SpreadsheetをWSH/JScriptで自動操作)

javascript excel VBA SQL WSH/JScript テスト


Excelの表データを読み取って,DBへのデータ投入SQLを生成するマクロ」
は,あちこちにある。

ExcelからSQLのINSERT文を作成するマクロ
http://d.hatena.ne.jp/grachro/2011061...


エクセルで作成したデータからinsertSQLを作成するマクロ
http://t-daman.seesaa.net/article/111...


しかし,MS Office以外のオフィスソフトのパクリ(Kingsoft Office等)を使っている場合,VBAマクロが動かない。


その時点で,開発者の観点からするとオフィスソフトとして失格なのだが,

そういう場合でもなんとかして表データを読み取って,作業を自動化したい。



Kingsoftの場合,VBAマクロは実行できないが,幸いオートメーション用のCOMが公開されている。

VBAマクロではなく,外部バッチからファイルの中身を読み取ればよい


下記は,そのようなバッチ。

create_sql.js

/*
	Excelシート(Kingsoft Spreadsheet)を読み取って,INSERT文SQLを生成するバッチ
*/


// 読み取り対象のファイル
var filename = "テストデータ.xls";
var ws = WScript.CreateObject("WScript.Shell");
var cwd = ws.CurrentDirectory;
var filepath = cwd + "\\" + filename;
var file_to = cwd + "\\data.sql";


// Excel(Kingsoft Spreadsheet)を立ち上げる
var excel = WScript.CreateObject("ET.Application");
	// http://mzex.wordpress.com/2006/11/11/kingsoft-office-2007-%E3%81%AF%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%81%8B%EF%BC%9F/
excel.Visible = true;


// ブックを開く
excel.Workbooks.Open( filepath );
var book = excel.Workbooks( excel.Workbooks.Count );
	// http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20090717/p1


// 全シートをスキャン
var sheets = book.WorkSheets;
var e = new Enumerator( sheets );
	// http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20110921/p1
var str_sql = "-- AUTO-GENERATED DML\r\n\r\n";
for( ; ! e.atEnd() ;  e.moveNext() )
{
	// シートを取得
	var sheet = e.item();
		//WScript.Echo( sheet.Name );
	
	// このシートからSQLを生成
	str_sql += createSqlFromSheet( sheet );
}


// Excelを閉じて終了
excel.Quit();
excel = null;


// SQLをファイルに記録
var fso_w = WScript.CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" );
if( fso_w.FileExists( file_to ) )
{
	fso_w.DeleteFile( file_to );
}
var txt_w = fso_w.CreateTextFile( file_to );
txt_w.WriteLine( str_sql );
txt_w.Close();

WScript.Echo("SQL書き出し完了");


// ------


// あるシートからSQLを作成
function createSqlFromSheet( sheet )
{
	var str_sql = "INSERT INTO `"
		+ sheet.Name
		+ "` ("
	;
	
	// 列名をスキャン
	var continue_flag = true;
	var col_num = 0;
	var x = 1;
	while( continue_flag )
	{
		col_num ++;
	
		str_sql += "`"
			+ sheet.Cells( 1, x ).Value.replace( / /g, "" )
			+ "`"
		;
			//WScript.Echo( str_sql );
		
		x ++;
		if( sheet.Cells( 1, x ).Value == undefined )
		{
			continue_flag = false;
		}
		else
		{
			str_sql += ", ";
		}
		
	}
	str_sql += ") VALUES \r\n";
		//WScript.Echo( "col_num = " + col_num );
	
	
	// データをスキャン
	var y = 2;
	var continue_y_flag = true;
	while( continue_y_flag )
	{
		str_sql += "(";
	
		// 列ごとに
		for( var x = 1; x <= col_num; x ++ )
		{
			var val = sheet.Cells( y, x ).Value;
			
			// 空か
			if( val == undefined )
			{
				val = '';
			}
			else
			// 数字オンリーか
			if( ("" + val).match( /^[0-9]+$/g ) )
			{
				//
			}
			else
			if( val == "NULL" )
			{
				//
			}
			else
			{
				val = "'" + val + "'";
			}
			
			str_sql += val;
			
			if( x < col_num )
			{
				str_sql += ", ";
					//WScript.Echo("added comma. x = " + x);
			}
			
		}

		str_sql +=  ")";
		
		// 次の行
		y ++;
		if( sheet.Cells( y, 1 ).Value == undefined )
		{
			continue_y_flag = false;
			str_sql +=  ";\r\n\r\n";
		}
		else
		{
			str_sql += ",\r\n";
		}
	}
	
	return str_sql;
}

ダブルクリックするだけで,該当するファイル名のシートを読み取って,SQLを生成してくれる。


バッチ仕様:

  • シート名がテーブル名。
  • 各シートの1行目はカラム名を書く。
  • 2行目以降にデータを書く。

補足

データの作成作業自体は,下記エントリを参照のこと。

大量のテストデータを快適に作る7つのコツ - 負荷テストのためにExcel&VBAをうまく使う
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20080929/1222698370