読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

スマホを「暗記帳」や「単語カード」のように使う,もっとも簡単な方法 (使い方と作り方のアイデア)

idea スマートフォン 学び方 時間術 私的メモ スマホ用の暗記帳

成長するために,覚えたい事がたくさんある。


例えばプログラマーなら,ITの知識を。

語学の学習者なら,単語とかイディオムを。


そして,手元には,スマホがある。

覚えたいものがたくさんある時,スマホをどうやって有効活用するか?


いわゆる「単語帳」のようなものを,スマホで持ち運べたら便利だ。

覚える知識の対象は,単語に限定しないけど,呼び方は「単語帳」が一番マッチするだろう。


しかし,肝心なのは中身。

どうやって「スマホ用の単語帳」を調達するのか?

  • (1)スマホアプリとして実現する。自分で開発するか,または既存のアプリをダウンロードする。
    • →自分で開発して,リリースして,というのもOKだが,手間がかかる。変更しづらい。
    • →既存のアプリは,自分の覚えたいものだけを,自分の覚えやすい仕方で提供してくれるわけではない。良いアプリがあっても,探すのに時間を取られる。
  • (2)Webアプリとして実現し,スマホのブラウザで利用する。ページの内容が動的に変化するような仕掛けを作っておく。裏側にDBを持たせて,オンラインでの内容更新ができるようにする。
    • →悪くない。が,もっとシンプルに実現できるはずだ。
  • (3)単一のファイルとして実現し,スマホ端末内のファイルとして利用する。例えば,PDFで表のようなものを作り,シートのようなものをダウンロードする。
    • →いちいち作るのも,アップするのも,変更するのも面倒。

もっとよいアイデアがある。 いっそのこと,シンプルを極めてしまえば?

下記の手段を使うのだ。

  • ブログの投稿の1回分を,「左側」と「右側」に分ける。=紙の単語帳の「表」と「裏」に対応する。「質問」と「答え」に分割するのだ。
  • そして,そのページをスマホのブラウザで開き,タッチ操作でピンチアウトして,画面の表示倍率を拡大する。
  • 拡大した状態で,ページの左側に書いてある「質問」を見る。この時,スマホの画面は縦長なので,右側の「答え」は見えない。
  • 次に,親指で画面を横にスクロールして,右側を見る。「答え合わせ」をする。
  • 親指で下にスクロールして,次の問題に進む。
  • これを繰り返す。


これだけで十分では・・・?


これは,タブレットでは無理だ。

画面が大きいのが仇になって,答えの部分まで見えてしまうから。

スマホは,紙の時代の「単語帳」のサイズにちょうどピッタリだが,タブレットはそうではない,ということだ。


ポケットにしまっておいて,駅で電車を待っている1・2分に,さっと取り出して,見て,すぐしまう。

そうやって,スキマ時間を使って,知識を蓄積してゆく。


覚えたいものがあれば,自分のブログに,表形式で投稿すればよい。

Excelなどの表計算ソフトでさらっと項目をリストアップして,はてな記法をパッと付け加えて,コピペするだけだ。

変更したければ,いつでもブラウザ経由で書き換えられる。


実現も,運用も,一番かんたんな方法だ。

そして恐らく,利便性も。

ミスった問いをマークして重点的に学習するとか,スコアを算出するなどの機能はないけど。

そんな機能は,物を学ぶこと自体の本質ではないわけで。



では,ちょっと実例を作ってみようか。

簡単な社会科の教材を。

県庁所在地の一覧表

下記は,どこにでもある普通のテーブルだ。

   北海道                       
1 北海道 札幌
東北
2 青森県 青森
3 岩手県 盛岡
4 宮城県 仙台
5 秋田県 秋田
6 山形県 山形
7 福島県 福島
関東
8 茨城県 水戸
9 栃木県 宇都宮
10 群馬県 前橋
11 埼玉県 さいたま
12 千葉県 千葉
13 東京都 東京(新宿)
14 神奈川県 横浜
中部
15 新潟県 新潟
16 富山県 富山
17 石川県 金沢
18 福井県 福井
19 山梨県 甲府
20 長野県 長野
21 岐阜県 岐阜
22 静岡県 静岡
23 愛知県 名古屋
近畿
24 三重県
25 滋賀県 大津
26 京都府 京都
27 大阪府 大阪
28 兵庫県 神戸
29 奈良県 奈良
30 和歌山県 和歌山
中国
31 鳥取県 鳥取
32 島根県 松江
33 岡山県 岡山
34 広島県 広島
35 山口県 山口
四国
36 徳島県 徳島
37 香川県 高松
38 愛媛県 松山
39 高知県 高知
九州
40 福岡県 福岡
41 佐賀県 佐賀
42 長崎県 長崎
43 熊本県 熊本
44 大分県 大分
45 宮崎県 宮崎
46 鹿児島県 鹿児島
47 沖縄県 那覇


重要な点は,これは単なるWebページ上のテーブルではなく,暗記カードとして使うためのUIである,という点だ。

この点を説明されない限り,使い方を理解できないだろう。

例えば,左側の情報(質問)と,右側の情報(回答)との間に,意図的に距離をあけてあるという点がポイントなのだが。

table記法とは - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/keyword/table%B...

  • | で区切れば,tableタグになる
  • * で始めれば,thタグになる


都道府県庁所在地 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B...


都道府県庁所在地を覚えよう!
http://www.geocities.jp/tanumama04/ke...


作成のために,ぜんぜん時間がかからない。

果たして,使い勝手はどうだろう?

暗記の効率,片手の一本指だけで使うUI,更新の容易さは,実際のところどうだろうか。


しばらく考えて,もし必要なら見た目を調整してみる。

だめなら,もう作らない。この「スマホ用の暗記帳」というアイデアは没だ。


だが,これは使えそうだ,と思ったら,今後,いくつか作ってみるかもしれない。