読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

JavaScriptで .exe ファイルを作る方法  (jsc.exeの使い方)

javascript tool .NET JScript.NET


JavaScript(JScript)のコードから,.exe形式のアプリケーションを簡単に作成することができる。



jsc.exeを使う。

フリーで提供されているツールで,恐らく,ダウンロードする必要もない。


.NET Framework がインストールされたPCであれば例えば

C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\jsc.exe

などのパスに既に jsc.exe があるだろう。(バージョンは環境による)


※もし無かったら,Visual Web Developer Expressなどをインストールする。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/v...



同じディレクトリに

	print("Hello,World");

というJScriptのコードを書いて hello.js で保存。

コマンドプロンプトから

	jsc hello.js

とすればコンパイルが行なわれ,hello.exe が生成される。

hello.exeをダブルクリックすれば,「Hello,World!」とアラート表示される。


exeを作る最も簡単な方法かもしれない。



一般に,JavaScriptの実行形態としては

  • ブラウザ上で実行
    • ECMA標準のブラウザ(JavaScript)
    • IE (JScript+HTA)
  • コマンドラインで実行
  • デスクトップで直接実行
    • WSH (JScript)

等の方法がある。


いずれの場合も,基本的にソースコードは丸見えになる。

また,実行のためにブラウザなど付加的なツールが必要になるのも,手軽さを少し欠く点かもしれない。

これらはスクリプト言語なので仕方のない点だ。



しかし.exe 形式のプログラムに変換してしまえば,スタンドアロンで持ち運び+実行ができ,ソースの中身を勝手に改変されるような危険も減る。

「言語は何でもいいからとにかく簡易なexeを作る必要があるのだけど,ライブラリを色々引っ張ってくるのは面倒だ」というような時に役立つかもしれない。


なお,コンパイル時に /t:library というオプションを付ければ,JScript.NETとしてDLLを作ったりすることもできる。下記サイト参照。

Make your javascript a Windows .exe
http://www.phpied.com/make-your-javas...

他のツール

他にも,JavaScriptをWindowsアプリケーションに変換するソフトがある。

ScriptCryptor Compiler
http://www.abyssmedia.com/scriptcryptor/

これはコンパイラと言うより開発環境。
フリーソフトなのだが,変換後のexeを実行すると,製品登録を促す通知ウィンドウが開く。



また,日本語サイトで紹介されていることが多いのが次のソフト。

WindowsScriptHost用コンパイラ
http://www.vector.co.jp/soft/win95/pr...

しかしこれは手元の環境(Windows XP)ではインストールに失敗した。


ちなみに,Perl, PHP, Ruby, Pythonなど他のスクリプト言語もそれぞれ exe に変換するツールがある。

JavaScriptやVBscriptをExeに変換するWSH用コンパイラ
http://www.ringolab.com/note/daiya/ar...