読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

10分で3つのテストツールを習得する (JMeter + qUnit + Selenium)

n分 教え方 テスト tool Selenium

Webアプリケーションの開発に必要なテストツールを,10分間で3つ身に付ける。

これで合計10分。

10分の間に,道具箱の中はより豊かになる。

「道具を手に入れた後は,その学習と適合段階が始まります。

 …

職人のように,常に道具を増やすことを心がけて下さい。

何をするにも常により良い方法を探すようにするわけです。

もし今使っている道具で対処できないような状況が発生した場合,それを解決する何か別の,あるいはより強力な道具を探すよう心がけるのです。

あなたの獲得欲を駆り立てるのです。」


「達人プログラマー」(アンドリュー・ハント),3章序文より

密度の高い学習時間を!

期間ぎりぎりになってから新しい物を覚えさせられるのは苦痛だ。


しかし工程中の早い段階で,適切なテストツールを使えるようになるために「密度の高い」時間を準備してあげれば,開発期間中は

  • 手戻りを避ける事ができ(テストファースト),
  • 全体を見渡した中で,一つでも不適合が生じていないか常に把握することができ(回帰テスト),
  • 「このサイトは100人(あるいは1000人)一斉にアクセスしても絶対に大丈夫です。安心して当社の製品を運用開始してください。」 と,クライアントに胸を張って主張することができる(負荷テスト)。つまり検収できる。

これはチーム全員の益になる。

冒頭のツールの選定基準

なお,冒頭で挙げた3つのツールには,サーバサイドスクリプトのテストは含まれていない。

その理由は,利用言語が場合によって様々であることに加え,フレームワークによってはユニットテストまでカバーしたものが存在するため。


冒頭3つに加え,番外編として,次記事でBadboyというソフトを紹介する。

共通点と違いを比較

jmeter,selenium,badboyには,互いに似通った特徴がある。これらを比較してみる。

  • selenium
    • ブラウザそのものでWebサイト全体をチェックして回りたいならこれ。
    • テストケースを表形式でシンプルに作る事ができる。
    • 逆に,ブラウザにできない事はseleniumにもできない。
  • jmeter
    • 大量の同時アクセスを発生させたいならこれに限る。
    • 多機能な上,Java 100%なので独自クラスで拡張する事もできる。
    • Webサイトの視覚的な応答は無視することになる。
  • badboy
    • かんたんなWebページ巡回操作ならこれで実現するのが早い。
    • jmeterテストケースのたたき台を作るのにも役立つ。
    • インタフェースは,内臓エンジンであるIEに限定される。ソフトがブラウザそのものではない。

残りの1つ,qUnitについてだが,jQueryの台頭に合わせてこれから更に普及していくだろうと予測される。




(「Ajax」という語のおよそ半分の割合で「jQuery」という語がgoogle検索対象になった図)
http://www.google.com/trends?q=jquery%2C+prototype.js%2C+ajax




この3つ+αを手足の延長として使い込んでいけば,開発作業は相当サクサク進んでいくだろう。