読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

コマンドプロンプトから,Win32 APIや任意のDLLを呼び出して実行しよう (コマンドプロンプトから画面キャプチャする方法の仕組みを理解)

バッチのまとめTOPへ Windowsのコマンドプロンプト上で,Win32 APIなどのDLLを呼び出して実行する。例えば,コマンドプロンプトだけで,任意のキー操作イベントをエミュレートできる。 サンプルコマンド:コマンドプロンプトから,画面をキャプチャする。(P…

画面のスクリーンショットを,Excelブック内に自動的に保存するバッチ

バッチ・マクロのTOPへ 画面のスクリーンショット(キャプチャ)を,バッチで自動的に取得しよう。そしてExcelブック内に,自動的に保存する。 開発プロジェクトで,画面定義書などのドキュメントを効率的に作成するために利用可能。 使う技術は Excel VBA W…

コマンドラインからマウスを操作する方法 (rundll32.exeで動くDLLの作成法)

Windows上でアプリケーションを自動で操作するためには, プログラムによってマウスポインタを任意の場所へ動かし クリックさせる といった制御が必要になる。 この「マウスの自動操作」はとても汎用的な操作なので,どんなプログラミング言語からもライブラ…

ウィンドウをきっかけに Windows の内部の仕組みを探る (後半)システムコールからカーネルデバイスドライバまで

「ウィンドウとは何なのか?」をテーマに,前回の記事までで,以下の事を学んだ。 Windows でウィンドウを表示するための手段はたくさんあるが,実はどれも user32.dll を呼び出している。 アセンブラのプログラムから直接 user32.dll を呼び出し,ウィンド…

ウィンドウをきっかけに Windows の内部の仕組みを探る (前半の補足)アセンブラでウィンドウを生成する方法

前回の記事では以下の事を学んだ。 Windowsにおいてウィンドウを表示する機能は,Windows API という API によって提供されている。 Windows API の中で,特に user32.dll というファイルがウィンドウ処理を担当している。 (そして user32.dll の中味を逆ア…